特定発言のピックアップ

 Autodesk Material Libraryは所詮「吊し売りのスーツ」
ID:1778
by  綿
Autodesk Material Libraryは、Maya,max,SoftimageなどAutodeskアプリ間のデータ互換性、大量の高質感プリセットで高作業効率、などの利点があるが、、、

、、、その実体は所詮「吊し売りのスーツ」
細かいコントロールが効かず、そこをクライアントに突かれると対応出来ず、結局Arch&Designなど他のマテリアルに変換修正を強いられる。

今回それが大量に出てきてスケジュールを圧迫。落とし穴にハマった感じ(*_*;

ウチみたく単独業でMayaなどとの連携があり得ないタスクでは、最初っから雛形と割り切って、適用前に全部Arch&Designに変換してしまう方がマシかもしんない。

(Version.2013)

トラックバックする     コメントする
2013/02/16/(土) 01:17:46 作成

↓近況でやんす↓
2013年10月04日(金)
2013年07月11日(木)
2013年04月05日(金)
2013年04月04日(木)
2013年03月31日(日)
2013年03月25日(月)
2013年03月24日(日)
2013年03月19日(火)
2013年03月13日(水)
2013年03月11日(月)
2013年02月26日(火)
2013年02月21日(木)
2013年02月16日(土)
2013年02月01日(金)
2012年12月26日(水)
2012年09月11日(火)

検索 

AND OR     
検索対象:
記事 タイトル 投稿者名
ヒットした発言を含むツリー全体
ヒットした発言のみを表示
非表示のジャンルも検索する
参照リンクしている発言だけ表示
添付画像がある発言だけ表示
期間限定 


から

まで